【消費者金融 3ヶ月】やりたい仕事ができず辞めたいです

【消費者金融 3ヶ月】やりたい仕事ができず辞めたいです

 

世間から見て、消費者金融業がいいイメージでは無いことは分かっていました。

 

私は自分自身は借金をしたことが無かったのですが、逆に借金で悩んでいる個人の方を助けたいと思い、この業界に入りました。

 

大手の消費者金融会社だったので、闇金や、金利の高い他社でたくさん借りている人の借金を当社の低い金利でまとめていただき、返済の苦労を減らしたいと思っていました。

 

入社3カ月目ですと、まだまだ出来ることも少なく、紹介できる金融商品も少ないため、とにかく電話や店頭での斡旋営業の日々でした。

 

今はお金が必要ないような顧客にも、ATMからお金を引き出してもらうような斡旋もあり、自分のやりたかった仕事とは逆のような気もしていました。

 

営業社員の成績もあり、どれだけ顧客にお金を貸したかで成績が決まるので、みんな必死で営業していました。

 

支店に配属されて、同期が2人居たので励ましあって頑張っていました。上司は人の好き嫌いがはっきりしていた方でした。

 

私の同期1人をとても気に入っていたため、その同期の成績が伸びない時は励ますためにランチをおごってあげていました。しかし、私の成績があまり伸びないと、目標の数字にいくまで残業をさせられました。

 

入社した当初から、私の成績が少し良かったため、少しでも成績が下がると風当たりがきつかったです。同じ立場(同期)なのに、扱いが違うこと、やりたかった仕事内容が違ったことが辞めたい理由でした。

 

まわりの先輩で、とても長く仕事をしていて、成績も常にいい先輩が2人いました。こんな仕事のハードな業界でなぜこんなに長く仕事ができ、成績もいいのか不思議に思い、2人を観察しました。

 

2人は女性ですが、性格は正反対でした。Aさんはおっとりひかえめな感じですが、顧客の話をじっくり聞いた後に商品の説明や営業をしていました。

 

顧客の借入状況を聞き出し、自社の金融商品のメリットデメリットをキチンと説明していました。いっぽうBさんは活発ではきはきしている方でした。

 

顧客が金融商品にあまり興味をしめさないと、粘ることなくすぐ次の顧客に営業していました。

 

あまりにあっさり引くので、断った顧客が後日「やっぱりあの商品お願いしたい。」と来ることもよくありました。私から見て、2人のいいところで、自分にもできることを真似して仕事をしてみました。

 

すると、成績もあがり、自分に自信がつき、不思議と会社に行くことが嫌ではなくなりました。

 

自分のやりたかった仕事のイメージどうりに仕事ができるようになったのはもう少し時間がかかりましたが、それから3年半程、その会社で働き続けることができました。

 

現在入社3カ月ほどで仕事を辞めたいと思っている方へ、私が入社して辞めたい気持ちをAさんに話したときに言われたことです。

 

「とにかく何があっても、何が嫌でも会社に行くこと。嫌なことを考えても仕方がないので、会社に行くことだけを考える。仕事だから。」

 

始めは厳しい事を言うな。と思いましたが、嫌なことがあったときに、会社に行く事だけを考えて日々を過ごしていたら、気付いたら問題が解決していました。

 

一度試してみてください。本当に病気になるほど会社に行くのが辛いなら退職や転職もありだと思いますが、せっかく縁があって入った会社なので、自分の痕跡を少しでも残してください。

 

もう限界で今すぐ仕事を辞めたい方はこちら

 

 

まずはあなたの転職力を診断してみませんか?

 

 

とにかく、仕事を辞めたいなら、辞めて転職できるかを知ることからスタートです。

 

 

【消費者金融 3ヶ月】やりたい仕事ができず辞めたいです

 

 

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

 

 

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる>

(無料会員登録後にテスト診断できます)

 

 

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む