自分の業績が伸びず自信を失い辞めたいと思いました

自分の業績が伸びず自信を失い辞めたいと思いました

 

大学卒業後に中堅のアパレルメーカーへ営業職として就職しました。

 

 

希望の部署は製品企画でしたが、人事の関係で営業に配属になりました。初めは、営業は苦手という意識があり困惑していましたが、勉強の意味も含めて頑張る事にしました。

 

 

そして入社後、数か月は先輩に同行しながら得意先を周っていましたが、半年もした頃には一人で任される事になりました。

 

 

しかし、口下手な事もあり取引先の担当者とは思うなコミュニケーションを図る事が出来ずに、新たな仕事の受注を取る事が出来ませんでした。

 

 

そんな状況の中で展示会に参加したのですが、そこでも結果は散々でまともな説明を出来る事が出来ずに先輩に迷惑をかけていました。そんな落ち込んでいる時に、さらに追い打ちをかけるがごとく、同僚は上手く成績を上げるなどしてますます自信を失ってしまい、辞めたいと思う気持ちが芽生えてきました。

 

 

営業は向いていないと思いながらも入社してから2年が経過しました。

 

 

もちろん1年目に比べれば、多少は商談も上手くいく様になったのですが、それでも同期にはますます離されるばかりです。

 

 

又、取引先の担当者も私を通さず、これまでの担当だった方に相談するといった事もあり落ち込む事は多々ありました。

 

 

そんな時に、研修という名目で自社ショップの販売に半年行く事になりました。営業とは全く関係のない販売の仕事への配属には、嫌がらせに感じてますます辞めたい気持ちが高まりました。

 

 

しかし、後々考えればこの経験が非常に役に立ったという事は間違いありませんでした。

 

 

配属先の店長は、口下手で人見知りのする私の性格を即座に見ぬき、根気よくフォローしてくれました。

 

 

さらには、仕事終わりには食事に誘ってくれたり、色々な飲み会などを企画してくれたりと、とても懇意にしてくれました。

 

 

ちなみにその販売店は、売り上げは好調で凄腕な店長だと思っていたのですが、その店長も若い頃には、売り上げが伸びずに叱責されたり、馬鹿にもされた経験があると聞いてとても驚きました。

 

 

同時に誰でも失敗する事はあるものだとまじまじと感じる事が出来ました。

 

 

又、アドバイスの中でも印象に残っているのが、「辞めるのは簡単だけれで、精一杯の努力は必要、でなければ次に変わってもすぐに辞めてしまう」という言葉でした。

 

 

この一言でもう一度頑張ってみようと決心しました。

 

 

入社して間もない頃は、どんな成功者でも失敗はつきもという事です。中には失敗なんかしていない様に見える方もいるかもしれませんが、決してそうではないという事です。

 

 

大切な事は、失敗してもポジティブに考える事が成功への近道という事です。

 

 

あたり前の事に思うかもしれませんが、落ち込んでいる時にはそういった考えが中々浮かんできません。

 

 

さらには、決して周り気にしないという事です。特に私の様に同期の活躍を目のあたりにすると焦りが生じて自分を見失ってしまいます。

 

 

あくまで自分を客観的に分析してみる事が、色々な悩みを解決する近道だと思います。

 

 

又、悩みを打ち明ける事ができる仲間を作っておく事も長く続ける事において大切な方法だと思います。

 

もう限界で今すぐ仕事を辞めたい方はこちら

 

 

まずはあなたの転職力を診断してみませんか?

 

 

とにかく、仕事を辞めたいなら、辞めて転職できるかを知ることからスタートです。

 

 

自分の業績が伸びず自信を失い辞めたいと思いました

 

 

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

 

 

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる>

(無料会員登録後にテスト診断できます)

 

 

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む