うつになる前に早く辞めることをおすすめします

うつになる前に早く辞めることをおすすめします

 

銀行に就職し、私が配属されたのは都心部営業店で営業担当でした。担当する地域の顧客は穏やかな性格の方が多く大変楽しく仕事が出来る環境でした。

 

 

しかしその反面その地域では地主が昔から多く金融機関なれしている顧客が多かったのです。

 

 

またその地域では法人顧客より個人顧客を多く占めました。銀行の収益は集めた預金に対して支払う金利と融資した際に発生する金利の利ざやがその収益に相当します。

 

 

しかし、最近の長引く不況や世界経済のあおりを受け金利低下のため、融資ノルマや本来の業務外の手数料の高い保険などの取次ぎ業務が重視されました。

 

 

しかし、ノルマが達成出来ないことが多く顧客と上司の間挟みになることで、徐々に精神的に疲弊していき辞めたいという気持ちへとつながりました。

 

 

一度辞めたいという気持ちになるとなかなか消えないもので、しばらくは我慢しなんとかノルマをこなす努力をしました。

 

 

特に効率良くノルマをこなすよう心がけたり成績の良い先輩との食事などには積極的に参加しました。

 

 

しかし、仕事とは難しいもので他人に教わってすぐ効果があるものではありません。次第に仕事だけでなく何事に対しても無気力になってきました。

 

 

一方で、ある特定の役員に気に入ってもらうと出世するルートが実は銀行には悪い習慣としてあります。

 

 

たまたま私もその目に止まりお誘いを受けましたが、実力との差に自信が無く断ってしまいました。

 

 

その時期から辞める時期を考えるようになり、結局6年勤務し退職することによって解決しました。

 

 

現在、新入社員で辞めたいと感じている方へのアドバイスとしては、一刻も早く辞めることをおすすめします。

 

 

若いうちであればいくらでもやり直しがきくことはもちろんのこと、時間とお金の無駄になります。ストレスを溜め込んでいるときは趣味や食事などにお金をつぎ込むことが多いでしょう。

 

 

長期的に考えればそのとき浪費して使うお金は我慢して使わずに、退職翌年の住民税や健康保険料に支払いに回しましょう。

 

 

退職によって一時的に悩みが解決しますが、ほとんどの方が税金や最近では奨学金の返済などに追われて心の準備が出来ないまま吟味せず次の就職先へ進んでしまうことが多々あります。

 

 

そのようにならないように先をしっかり見据えた上でなるべく早く退職しましょう。

 

 

善は急げです。これに尽きます。

 

もう限界で今すぐ仕事を辞めたい方はこちら

 

 

まずはあなたの転職力を診断してみませんか?

 

 

とにかく、仕事を辞めたいなら、辞めて転職できるかを知ることからスタートです。

 

 

うつになる前に早く辞めることをおすすめします

 

 

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

 

 

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる>

(無料会員登録後にテスト診断できます)

 

 

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む